自分でできる!自分の口臭を確認する5つの方法

口臭は、人に不快な思いをさせてしまう物です。しかし、なかなか自分自身で気づくことはできません。なんとか人に迷惑をかける前に、自分自身でチェックできないかと考えたことはありませんか。そこで、自分自身で簡単にチェックできる5つ方法をご紹介します。

 

1.コップを使ってチェックする

 

一番簡単な方法として、コップの中に自分の息を吐いて、自分でにおいをかいでみるという方法があります。コップに一度自分の息を吐いてみてから、フタをして、一度深呼吸をしてからにおいをかいでみると分かりやすいでしょう。この時、少しでもにおいを感じた場合は口臭があるということになります。

 

2.口臭チェッカーを使用する

 

一番良い方法は、歯医者さんなどにある測定器を利用してチェックしてもらうのが一番ですが、最近では携帯できる手軽なチェッカーが販売されています。このような物を使用してみても良いでしょう。使い方は簡単。チェッカーのセンサー部分に息を吹きかけるだけで確認ができます。ただし、チェッカーは性能や機能にばらつきがあるので正確な度合いは判別することが不可能なことは覚えておいた方が良いでしょう。

 

口臭チェッカーおすすめ5選はこちらを参考にしてください

 

3.舌をチェックする

 

鏡を見て自分の舌をチェックしてみましょう。舌の表面につく舌苔と呼ばれる物がにおいの目安となるのです。舌苔は最近や食べかすなどが舌に付着することで発生するためにおいの元となるのです。舌をチェックしてみて舌の回りに白や黄色っぽいぽつぽつした物がついていたら要注意です。舌の表面をティッシュなどで拭き取ってそのにおいをチェックしてみるという方法もあります。

 

4.ビニール袋に息を吐いてチェックする

 

コップを使ってチェックする方法と理論的には同じ方法です。ビニール袋に口を当てて息を吐いて、30秒から1分ほど待ってからにおいをチェックしてみましょう。この時のアドバイスとしては、ビニール袋自体ににおいがついている物は分かりづらくなってしまうので無臭の袋を使用するのがおすすめです。

 

5.手をなめてチェック

 

口のにおいは舌や唾液に混ざっています。そのため、手の甲などを一度なめてからそのにおいをかぐと、自分自身の口のにおいを簡単にチェックできます。手の甲をなめてから少し待ってからにを井をかぐのがポイントです。唾液で濡れていた手が時間が経って乾くと手にはにおいの物質だけが残るのです。

 

 

 

意外と簡単に自分でチェックできることがおわかりいただけたと思います。においがひどいと歯周病などの可能性もあります。早めの歯科医の受診を受けましょう。