自分と相手の為に!おすすめ間接的に口臭の伝え方

相手の気になる口臭を上手に伝えて分かってもらうのは意外と難しいもの。上手に、しかも間接的に相手に気が付いてもらえる方法を詳しく説明します。

 

伝え方でお互いの関係が壊れる

伝え方一つでお互いの関係が崩れてしまったり話にくくなったりすることもたくさんあります。できるだけ相手に「口臭がでてますよ!」「臭ってますよ!」と気が付いてもらうのがポイントです。
では一つずつ見ていきましょう!

 

伝え方1

口臭, 伝え方

気になるけど口が臭いと言えない時の伝え方は、まず自分が口臭で悩んでいると打ち明けてみます。

 

本当に悩んでいるか否かは別として、話題を出して相手に考えさせるために伝えるのです。
臭いに関する様々な悩みや解決策などを話し合うことで、
相手が「私はどうなのだろう」と気づいてくれたら大成功です。

 

一緒に解決策を話し合う中で試行錯誤し、その過程で相手の口臭が落ち着けば問題は解消したと言っても過言ではありません。

 

いきなり口の臭いに関して唐突に話題を出すと違和感があるかもしれないので、虫歯になってから臭いが気になりだしたなどワンクッション置いて話を進めるとスムーズです。

 

伝え方2

口臭, 伝え方

また、食事によってお腹から臭気が漂うこともあります。

 

もしニンニクが好きで毎日食べているような食生活であれば、中止するように伝えたいです。

 

その際は、臭いからという理由ではダイレクト過ぎるのでニンニクの食べ過ぎはお腹を壊す可能性があるなど別の理由を伝えます。
ニンニクだけでなく、肉食ばかりで野菜を食べないという生活であれば同様に臭くなってしまいます。なので野菜もしっかり食べないといけないという話をすると効果的かもしれません。
食事の後に歯を磨かないのであれば当然臭くなりますが、その際も虫歯の危険性を話すことで歯磨きを促せる可能性があります。

 

伝え方3

口臭, 伝え方

そして、便秘によっても口が臭くなることがあります。適切に便が排出されていれば問題ありませんが、便秘状態だと口内から少し便の臭いが漂う場合があります。

 

これが何とも言えない悪臭となっている可能性があるので、もし便秘の兆候を確認できるのであれば解決策を教えたり相談し合うことで便秘を解消し、それが結果的に口の臭いを正常にするかもしれません。

 

 

 

伝え方4

口臭, 伝え方

そして、単純に水分不足でも臭いが強くなります。口内の水分が不足すると菌が繁殖するのにより好都合な環境となってしまうので、どんそん繁殖して臭いが強くなります。

 

特に女性は頻繁にトイレに行きたがらない傾向にあるので水分摂取を控えがちです。

 

水分摂取を控えると確かにトイレが遠くなりますが、口の臭いや血液がドロドロになるなど健康上の問題が発生します。なので健康的な問題の発生を防ぐ為水分摂取を促すと自然に伝えることができます。

 

口臭の伝え方-まとめ-

このように一口に口臭と言っても様々な原因があり、歯磨きなど簡単に解消できそうなものから便秘など体の根本的な部分を変えないと難しいものまであります。しかし自分、そして相手が困らない為にもしっかりと伝えることが大切です。
まずは自分の口臭も確認してみましょう。

自分の口臭を確認する方法はこちら